相場の変動要因は、1つじゃない

admin, 19.12.2015

円相場や日経平均株価が、大きく上下動することがあります。チャートを眺めていると、まるで、のこぎりの歯のようにさえ見えますね。通常、円相場の変動と言えば、天然資源の発掘や、TPPなどに見られる経済協定が分かり易い要因のように思えますし、日経平均にしても、やはり新商品の発売や、工場、リストラなどのニュースが、これに影響を与えているように思われがちです。

ところが、意外にも経済的な要因だけに寄らないのが、経済指標の面白いところであり、難しいところです。指標の変動や、株価の上下動には、政治的な要因や、文化的要因と言われるものが、大きく影響しています。

政治的な要因と言えば、金利や景気への要人の発言が最たるものですが、まさに政治経済学という学問があるように、さまざまな産業政策や公共政策といった、政治的意図と経済の変動が、特定の国、企業への影響と、密接に関連していることは、疑いようがありません。

同じく文化経済学という言葉があるように、その国で起きている消費の嗜好・志向から、芸術や芸能が、時代によって作り出すスーパースターと経済は、これも強い結びつきがあることでしょう。

政治や文化といった要因から、日経平均株価や、円相場が動くことは、充分にあり得ることです。

Komentarze (0) Więcej

外貨レートと金利に注目!

admin, 13.12.2015

FXに取り組みはじめた人たちにとって、重要になってくる二大要素は、外貨のレートと、金利ではないでしょうか。日本円との関連でレートに注目すれば、円高基調のときに、積極的に差益を狙った取引を仕掛け、中長期でレートの動きを見ながら、利益を生んでいくこと。また、金利であれば、スワップポイントに狙いを定めて、低金利で安定している日本の円と、どちらかと言えば新興国になるであろう相手国との高金利の差分を、これもまた、中長期の視点に立って、収益化できるようにすることが肝要でしょう。

もちろん、背景として、なぜレートが変化するのか?なぜ金融政策に変化が出て、金利が上下動するのか…?といった該当国の経済事情、政治情勢にそれなりに注意を払っていることが、何よりの前提にはなります。が、ある程度、その国の金融政策の特徴や、狙いが分かってくれば、自分自身の投資にも確信が出てきます。まさに、投機ではなく、投資として、これを楽しむことが出来るのだと思います。

FXの世界では、レバレッジに目を奪われてしまいがちですが、その前提として、レートと金利の変化に着目し、その背景を見る…。という地に足がついた投資を心がけ、中長期の視点で、資産運用に取り組んでいきたいものです。

Komentarze (0) Więcej